2014年02月16日

思い出の時計 〜その5〜 ヴァシュロン・コンスタンタン

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその5です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin) パトリモニー・トラディショナル(82172/000G-9383)
1.JPG
5.JPG

思い出、取得経緯:結婚式やフォーマルなパーティが重なり、一生もののドレスウォッチが1つ欲しくなり並行輸入で購入しました。ドレスウォッチとは本来
丸かつ白フェース
革ベルト
三針もしくは二針のシンプル機能
シャツの袖口に収まるサイズ(40mm以下?)

という条件を満たすものを言います。オーデマ・ピゲの「ジュールオーデマ」シリーズ、パテックフィリップの「カラトラバ」シリーズ迷いに迷ってこれにしました。ドレスウォッチについてはどこかで一回特集します。これは私が初めて通販で購入した機械式腕時計で、正規店で付けてみたうえで通販で購入しました。

リセールバリュー:現在も所有しており、今のところ売却するつもりもありませんのでわかりません。もし売却することがあれば更新します。私の予想では並行輸入価格比やや低い(40%程度)、正規価格比低いのではないかと思います。

お勧め用途:シンプルかつドレッシーなドレスウォッチなのでフォーマルな場でしょう。ビジネスシーンにももちろんマッチします。カジュアルはビジネスカジュアルなら似合うでしょう。

装着感:良いです。

買って良かった点:多大な出費でしたが、ドレスウォッチとして重宝しています。一生もののドレスウォッチは1つは持っておいたほうがいいと思います。スイス政府及びジュネーヴ州によって規定された基準に基づいた品質規定における最高級スイス時計の証である「ジュネーヴシール」が裏面にて確認できます。ヴァシュロン・コンスタンタンはほとんどのモデルにおいてこの「ジュネーヴシール」を獲得しています。

総合満足度:かなり高いです。ただし個人的には自動巻きのほうが良かったかなと思いました。





2.JPG
3.JPG
4.JPG
7.JPG


posted by コンシューマン at 02:15| Comment(2) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー美しい。流石ヴァシュロンコンスタンタン。
やはり雲上はオーラが違いますね。
Posted by カラトラバ所有者 at 2014年08月17日 19:57
コメントありがとうございます。
カラトラバも極上のドレスウォッチですよね。いつかほしいです。
Posted by コンシューマン at 2014年09月20日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。