2014年02月23日

よく読む時計雑誌の紹介:その1

よく読む時計雑誌の紹介:その1です。
(その2があるかはわかりません。。。)

本屋に行かれたらわかりますが、日本語の時計雑誌はあまり多くありません。
その中で私がよく読んでいるのは以下の2つです(定期発刊に限ります)。

@ Chronos(クロノス)日本語版

Chronos (クロノス) 日本版 2014年 03月号 [雑誌]

中古価格
¥1,250から
(2014/2/23 01:01時点)



クロノスはややアカデミックな時計雑誌で、位置づけとしては王道でしょう。
ぜひ目を通してみてください。
月刊の形を取っており、ここで定期購読もできます。ウェブサイトの「Web Chronos」はコンテンツが充実しており、会員登録すればSNSも利用できます。

A 時計批評

時計批評 Vol.8 (100%ムックシリーズ)

新品価格
¥990から
(2014/2/23 01:02時点)



キャッチフレーズは「今までの時計専門誌では絶対に教えてくれなかった情報が満載!」です。何でも広告収入に頼っていないため辛口批評も出来るということです。
確かにオリジナルな意見や裏の情報がそれなりに書いてあるため面白く読めると思います。時計のブランドおよびモデルの採点やランク付けもしており、オススメです。

番外:機械式腕時計の機構を基礎から知りたければこれ

機械式時計 解体新書―歴史をひもとき機構を識る

新品価格
¥1,680から
(2014/2/23 01:03時点)




短いけどこの辺で失礼します。


posted by コンシューマン at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計役立ちコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。