2014年02月24日

思い出の時計 〜その11〜 オーデマ・ピゲ

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその11です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet) ロイヤルオーク(15450ST.00.1256ST.01)
DSC_0307.JPG

思い出、取得経緯:雲上時計で日常使いできるモデルを探していました。前にブレゲのトランスアトランティックを持っていたことがありますがオーバーホール代が嵩むため、シンプルな三針を求めていました。
実は雲上で日常使いできるモデルは数えるほどしかありません。いつか特集します。今回の時計はヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズ、パテックフィリップのアクアノートと迷い、買ったものです。例によってアンダー40mm(37mm)を購入しました。男女兼用らしいんですか、サイズ感はすごく好きです。

リセールバリュー:まだ所有しており売っていないのでわかりませんが、並行輸入価格比中の上くらい(60%前後)と予想します。正規価格もさほど変わらないので正規価格の中くらいじゃないでしょうか。日常使いできるので、雲上の中では需要が強いモデルです。

お勧め用途:ビジネス、カジュアルともにフィットします。フォーマルは厳密にはフィットしませんが、結婚式程度なら使えます。

装着感:小刻みに曲がるブレスは、極めて装着感がいいです。

買って良かった点:裏スケである点、サイズ、ブレスのデザインが特に気に入っています。文字盤のギョーシェも歴代のロイヤルオークの中で個人的には一番好きですね。

総合満足度:とても高いです。売るつもりはありません。

同じモデルを買うには・・・


DSC_0316.JPG
DSC_0315.JPG
DSC_0314.JPG
DSC_0311.JPG


posted by コンシューマン at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。