2015年01月10日

思い出の時計 〜その12〜 ブレゲ

久々の更新です。ご無沙汰しておりました。
私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその12です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:ブレゲ(Audemars Piguet) トランスアトランティック(3820ST/H2/SW9)
Breguet1.JPG

思い出、取得経緯:雲上時計で日常使いできるモデルで、保有したもの第1号です。実は雲上で日常使いできるモデルは数えるほどしかありません。基本的に貴金属はサラリーマンが日常使いするには向いていません。日常使いはSSに限ります。パテック・フィリップならアクアノートとノーチラス、オーデマ・ピゲならロイヤルオーク、ヴァシュロン・コンスタンタンならオーバーシーズ、ブレゲならTypeXX、XXIシリーズ(トランスアトランティックとアエロナバル)、ランゲ&ゾーネは日常使いなし。これらの中でクロノグラフはブレゲのTypeXX、XXIシリーズのみです。このモデル、ブレゲらしくないといろいろと言われるモデルですが、「らしい」とか「らしくない」とか確かにありますが、そのブランドが作ったものなんだから、「らしい」んじゃないでしょうか。私は気にしませんでした。

リセールバリュー:並行輸入価格比中の中くらい(50%)です。正規価格比だともっと落ちます。「らしくない」などと言われることやフライバック機能という極めて精巧な機能があり壊れにくいという噂(私が所有している間は壊れませんでしたが)、高いオーバーホール代の短所があります。

お勧め用途:ビジネス、カジュアルともにフィットします。スタイリッシュで、カジュアルでもかなり活躍する、雲上系では珍しい時計です。

装着感:装着感がいいです。

買って良かった点:サイズは39.5mmとちょうどよく、またカジュアルなデザインが気に入っていました。雲上系で、これほどカジュアルに偏った時計は他にありませんね。

総合満足度:高かったのですが、オーバーホール代がものすごい高いです(雲上系だから高い×クロノグラフだから高いのダブルパンチ)。だから手放しました。

Breguet2.JPG
Breguet3.JPG
Breguet4.JPG


posted by コンシューマン at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

思い出の時計 〜その11〜 オーデマ・ピゲ

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその11です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet) ロイヤルオーク(15450ST.00.1256ST.01)
DSC_0307.JPG

思い出、取得経緯:雲上時計で日常使いできるモデルを探していました。前にブレゲのトランスアトランティックを持っていたことがありますがオーバーホール代が嵩むため、シンプルな三針を求めていました。
実は雲上で日常使いできるモデルは数えるほどしかありません。いつか特集します。今回の時計はヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズ、パテックフィリップのアクアノートと迷い、買ったものです。例によってアンダー40mm(37mm)を購入しました。男女兼用らしいんですか、サイズ感はすごく好きです。

リセールバリュー:まだ所有しており売っていないのでわかりませんが、並行輸入価格比中の上くらい(60%前後)と予想します。正規価格もさほど変わらないので正規価格の中くらいじゃないでしょうか。日常使いできるので、雲上の中では需要が強いモデルです。

お勧め用途:ビジネス、カジュアルともにフィットします。フォーマルは厳密にはフィットしませんが、結婚式程度なら使えます。

装着感:小刻みに曲がるブレスは、極めて装着感がいいです。

買って良かった点:裏スケである点、サイズ、ブレスのデザインが特に気に入っています。文字盤のギョーシェも歴代のロイヤルオークの中で個人的には一番好きですね。

総合満足度:とても高いです。売るつもりはありません。

同じモデルを買うには・・・


DSC_0316.JPG
DSC_0315.JPG
DSC_0314.JPG
DSC_0311.JPG
posted by コンシューマン at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

思い出の時計 〜その10〜 ブルガリ

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその10です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:ブルガリ(BVLGARI) ディアゴノブラック(LCV35BSSD)
DSC_0304.JPG

思い出、取得経緯:ブルガリの「ディアゴノシリーズ」と「ディアゴノプロフェッショナルシリーズ」は、ブルガリが誇るスポーツラインです。このスポーツラインの充実さが他のジュエラーブランドとの最大の違いです。前からディアゴノシリーズは一つ欲しかったのですが、とある並行輸入店でセール品になっていたため迷わず購入しました。何だかんだ現在、カジュアルで気軽につけられる時計はこれしか残らず、不満もないので売るつもりはありません。

リセールバリュー:今のところ手放すつもりはないためわかりませんが、並行輸入価格比低いと思います(30%弱)。正規価格比極めて低い可能性があります。そもそもブルガリの時計のリセールバリューは一般的に低く、リセール向きではありません。

お勧め用途:ビジネスにもカジュアルにもフィットします。お洒落に着けられます。

装着感:非常にいいです。特に、ブレスの独特なデザインが非常に気に入っています。このブレスはブルガリの「ディアゴノシリーズ」、「ディアゴノプロフェッショナルシリーズ」の全てで採用されています。

買って良かった点:頑丈なので、カジュアル用として重宝しています。

総合満足度:高いです。

同じモデルを買うには・・・↓

BVLGARI [ブルガリ] スポーツ 自動巻 ブラック ボーイズ LCV35BSSDAT 【楽ギフ_包装】

価格:483,000円
(2014/2/23 00:38時点)
感想(0件)




DSC_0306.JPG
DSC_0311.JPG
DSC_03071.JPG
posted by コンシューマン at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出の時計 〜その9〜 カルティエ

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその9です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。

モデル名:カルティエ(Cartier) ヴァンティアン21クロノスカフ(W10125U2)
DSC_0110.JPG

思い出、取得経緯:独特なデザインに惹かれました。実物を見たときに初めて知りましたが、実はクォーツ式です。またこの時計は並行輸入品を見たことがあまりありません。レア度は高いと思います。正規品で購入した数少ない時計の一つです。

リセールバリュー:並行輸入価格比わかりません。低いと思います(30%くらい?)。正規価格比は極めて低いです。好き嫌いが分かれる時計のため、需要は弱いと思います。クォーツ式なのに対し正規価格が高すぎると思います。

お勧め用途:フォーマルもビジネスにも向かないため、カジュアルシーンですね。ラバーベルトかつクォーツ式のため多少手荒く扱っても大丈夫です。着けてスポーツも出来ます。

装着感:ラバーなので、好き嫌いが別れます。

買って良かった点:上にも書いたようにラバーベルトかつクォーツ式のため、カジュアルシーンで気軽に着けられました。カルティエクラスの時計でこれほど気軽なモデルは珍しいです。

総合満足度:個人的には高かったです。





DSC_0108.JPG
DSC_0109.JPG
posted by コンシューマン at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

思い出の時計 〜その8〜 シャネル

私が保有した、もしくは保有している時計シリーズです。今回はその8です。
かつて数重視で収納が許す限り機械式腕時計を買い漁っていた私ですが、今はほとんど売却し、一生手放さないと決めた数点の時計に集約させ保有しているのみです。
ブログをやろうと思っていなかったときに軽く撮り貯めしたものがほとんどであるため画質が悪いかもしれません。
たまたまこれらのモデルの購入を検討されている方の役に立てればと思います。
※J12クロマティックは全身鏡面で光を反射する独特な色です。(私の技術では)写真では伝えることが出来ませんのでぜひ実物をご覧ください。

モデル名:シャネル(CHANEL) J12 Chromatic(Ref.H2979)
DSC_0115.JPG

思い出、取得経緯:シャネルJ12シリーズではブラックを保有していましたが、2011年、J12 Chromaticという新しい色が出たので購入しました。J12ブラックとは違い、金属色なのでビジネスシーンでも使っていました。スーツでも違和感はありませんでした。

リセールバリュー:並行輸入価格比高い(70%超え)、正規価格比中くらい。別の時計を売りに時計店に行ったときにたまたまJ12 Chromaticを着けていたら、「それ売ってくれませんか?」と言われたほど、需要は強かったです。

お勧め用途:カジュアル、ビジネスともに使えました。ただ逆に言うとどちらもすごくフィットするわけではなく、個人的にはJ12 Blackほどの使用頻度にはなりませんでした。

装着感:J12シリーズ同様、手首に沿って曲がっているため良いです。

買って良かった点:最新モデルであったため、注目度は高かったです。素材のチタンセラミックは、元々硬いセラミックを更に硬くした素材のため、何度ぶつけても傷つきませんでした。防水性能も文句なしです。日常使いの質は極めて高かったです。

総合満足度:高かったです。

同じモデルを買うには・・・


DSC_0112.JPG
DSC_0113.JPG



posted by コンシューマン at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 保有時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。